タダより怖いものはない

There is no such thing as a free lunch.

職場で誘われた飲み会は行くべきなのだろうか?

f:id:tadakowa:20180612224843j:plain

こんにちは。くりせです(@YujiKurise

 

私は、職場の人とはあまり飲まず、取引先の方と良く飲みに行きます。スタートトゥデイの田端氏と同様に、職場の無駄な飲み会は行くべきでは無いと考えています。

careerhack.en-japan.com

 

なぜなら、部下の立場になって考えても、日中も気を使って接している上司へ、さらに夜の時間も使わなければならないのは、苦痛だと考えているからです。私も役員とかの飲み会は、行きたいとは思いません。

 

もし、上司の人がどうしても職場の人と飲みたい場合は、上司は絶対に

 

仕事の話をしない

 

これを徹するべきです。

 

職場の人と酒の席で仕事の熱い話をしたところで、生産性が上がる訳でもないですし、所詮酒の席の話なので、酔った勢いで叱責したところで、叱責を受けた側は、しっかり覚えているので、上司に対して人間的な嫌悪感を持つようになるので、仕事しづらくなります。

 

そうならないように、職場の人とは酒の席では、仕事の話をせず、上司は

 

  • 私生活の過去の失敗談
  • 最近興味のあること
  • 趣味の話

 

などに終始するべきです。

 

女性がいるからといって、彼氏の話を根掘り葉掘り聞くのは、言語道断です。

「自分がイケてる」と思っている奴に限って、酒の席でセクハラ的な発言をする人がいるので、心当たりある方は、本当に気をつけましょう。

 

とにかく、パーソナルな事を自ら発信することで、失敗もするし、人間味ある上司に見せるという意味も含めて、徹底した方が良いでしょう。

 

上司の場合、飲み会の席では、自分自身をアピール場ではなく、部下の人たちを「アピールさせてあげる」場として考えましょう。そして、話を引き出すホスト役を徹底しましょう。