タダより怖いものはない

There is no such thing as a free lunch.

CDリリースを軽視するアーティストの方々へ

f:id:tadakowa:20171129221044j:plain

 

こんにちは。栗瀬です(@YujiKurise)

 

バンドやアーティストが、気軽にCDをタワーレコードなどの全国展開される店舗での販売をディストリビューター(流通)やメジャーメーカーを通じて販売されていますが、そもそも何でアーティストの方々はCDを販売したいのでしょうか?

 

何となくCDを全国で販売されたい方は、今すぐ発売を止めてください。

 

CDは、徐々に市場規模が縮小するのは目に見えていますが、今もなおオリコンチャートでは、CD店での売上集計を反映して、メジャーメーカーや事務所は、その指標のポイントで一喜一憂しているのです。また、CD店も昔と異なりデータ重視で、販売するCDが本当に売れるのか、仕入れ時には過去実績を加味して仕入れしております。 

 

CD発売を中心とした販売計画を組み立てずにCDを発売した場合、CD店舗で売れない状況が発生し、そのデータがCD店舗側に蓄積されて、次作以降の取り扱いが更に厳しくなります。アーティストの皆さんは、こういった事を理解せず単純に

 

  • 作品ができあがってリリースしたいから
  • 全国流通を自慢したいから

 

という自己満足の為、リリースをする方が非常に多いので、今一度本当にCDを発売する意味があるのか、また発売してからツアー、グッズ、プロモーションなど…全てを連携して考えられているのか、良く検討してください。音源が出来上がったからすぐに出すのではなく、一度立ち止まって発売する意味をよく考えてみてください。

 

一度、ミスった発売をすると、アーティスト生命にも関わります。

 

過去実績が悪ければCD店からは、

 

あー、あの売れなかったアーティストね。

 

なんてレッテルを貼られて、2枚目以降の作品からは取り扱いが粗末になります。

 

 

全国でのCDリリースを、「今の時代だから余裕っしょ!」みたいに考えている方は、マジでアーティストを辞めてください。CDリリースは、沢山の大人が関わってきます。レーベル、流通、プロモーター、店舗などなど…。軽々しくリリースをされる皆さんのCDリリースに、大人の人たちは、時間とお金をかけて動いています。仕事として受けている商品・アーティストが、あまりにもCDといったフォーマットをないがしろにして、販売をしているのであれば、関わる人たちも今後はそのアーティストには関わりを持ちたくなくなるのは、人間の心情として当然です。また、アーティスト以外の仕事をした時に、初めて感じるかもしれませんが、どんな仕事でも同じ会社や仲間の協力があって成り立っているのです。その関係性も感じられず、自己満足の為にCDをリリースしたいのであれば、通販や会場限定でCDを販売された方が良いですし、それでも何も感じないのであれば、アーティストは辞めるべきです。

 

 

もちろん、CDがアーティストを表現する全てでは無いです。

AmPmの様に、Spotifyでヒットするような新しいアーティストも出てくるのも事実です。

natalie.mu

しかしながら、日本国内では今もなお、音楽業界はCDに対して非常に重要視しているのも現実です。日本での活動をベースに考えているのであれば、CDリリースするのを軽んじて行うものではなく、徹底して『CDが売れるようにする戦略』を念頭に置いて、CDをリリースするべきだと考えています。

 

『来月CDを全国流通させよう』なんて考えているアーティストは、一度立ち止まって、

 

何でCDをリリースするのだろう

 

を考え直してみてください。