タダより怖いものはない

There is no such thing as a free lunch.

【アイドルビジネスの闇】怪しい大人に気をつけよう

f:id:tadakowa:20171126203344j:plain

こんにちは。栗瀬です(@YujiKurise

音楽ビジネスの闇の話です。

 

www.huffingtonpost.jp

 

レッスン代と月賃金38,000円を相殺して、未払賃金を求めてアイドルが提訴するニュースがつい先日ありました。

 

東京地裁に提訴し、ニュースとなり明るみに出ましたが、これは氷山の一角だと考えられます。

 

音楽ビジネスをしていると、何を生業としているのか分からない人が、プロデューサーという肩書で、アーティストマネジメントをしている人を見かけるのですが、地下アイドル界隈では、非常に多い印象を受けます。

 

今回、ニュースになっているのは法人格が提訴されているのですが、個人事業主でマネジメントを行っている、怪しい方が地下アイドル界隈には多数います。

 

例えば、

 

俺は、○○というメジャーで▲▲▲を売り出したんだ。

俺は、有名なプロデューサーと繋がりがある。

 

とか、こんな事を言いながら、まだ何も音楽ビジネスの事を知らない子供たちを騙そうとして近づく、地下アイドルの怪しいPがいます。

 

こういう怪しい大人の特徴として、

 

  • 有名人や有名企業の名前を出して話をしてくる
  • ネットで検索しても出てこない屋号
  • ネットで検索したらプロデューサーの噂が2chに掲載されいている
  • 契約書の話をするとごまかす
  • お金の話もごまかす

 

が主な特徴です。

 

こういった方々は、往々にして音楽業界の方ではなく、詐欺師か音楽ビジネスのイロハも知らない人です。

 

 

夢を語りながら、夢を持って音楽の世界に入ろうとしている子供たちを騙すのは、非常に罪が重いです。

 

まず、騙されない為には、

 

  1. アイドルにならないか?と誘われたら、誘った大人から必ず名刺をもらいましょう
  2. 名刺に書いてあるレーベル名や会社名を必ずネットで調べましょう
  3. 所属する前に、必ず契約書の雛形をもらうようにしましょう
  4. もし、契約書の雛形がもらえたら、雛形を弁護士に見せて相談しましょう

 

を守ってください。

 

ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方 (DO BOOKS)

ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方 (DO BOOKS)

 

 

 

もちろん、地下アイドル界隈でしっかりとマネジメントされている会社も沢山ありますが、子供を騙して、プロデューサーの生活のためにタダ働きさせているケースもあるので、上記の点は、契約する側が確認するのは当然の権利です。多少の弁護士相談費がかかったとしても、子供が不幸にならない為にも必要です。

 

歌唱印税や、グッズの分配、イベント等で発生した興行収益などの分配も含めて、しっかり確認した上で、所属契約をするべきです。

 

よくわかる音楽著作権ビジネス 基礎編 4th Edition

よくわかる音楽著作権ビジネス 基礎編 4th Edition

 

 

 

騙して近寄ってくる怪しい大人は、業界内でも悪い噂が広がり、またこういう人に限ってカネがだらしないので、楽曲制作費をクリエイターに支払わないとか、デザイナーに依頼したデザイン費を払わないとか…業界内でも仕事ができなくなり、契約したタレントにも影響が出るので、所属契約を締結する時は慎重にお願いします。

 

 

夢を持って活躍したい人に対し、夢を語って騙すような汚い人間が、音楽業界からいなくなりますように切に願います。